ブログ

その場に合った音楽の聴き方で耳を大切に

2021
03.27

 昨日、毎日新聞を見ていましたら「40代以下聴力 20歳分低下」という記事が出ていました。慶応大などのチームが行った2000年から20年間に得られた10歳から99歳までの3万人分のデータの中から約1万人分を分析した世界最大の聴力データ解析です。年代別の平均聴力を世界で初めて算出したそうです。その結果、40代以下で低下傾向があり、聞こえ難さを「聴力の老化」に換算するともっとも老化が進んだのは20代女性で20歳分老化していることになるそうです。記事によると研究チームは「音楽を聞く環境が影響している可能性が高い」と指摘しています。
 毎朝の通勤時間も確かにイヤホンを使っている若い人をとても多く見かけます。以前に比べ音漏れが気になる人は見かけませんが、イヤホンやヘッドホンで音楽を鳴らし続けることで耳に負担になることは容易に想像できます。
 日々の積み重ねで耳の変化に気づき難く、年齢を重ねてから「聴力の老化」に直面することになるかもしれません。外で音楽を聴くときにはヘッドホン・イヤホンに頼りますが、音量を制限したり、部屋ではスピーカーで鳴らすなどして、耳を労わってあげてください。

(T.S/2021.3.27)

by STAFF | 2021-03-27 Sat 11:02 | -

▲ページTOP