オーディオ・ホームシアターの大阪屋 ホーム » イベント情報 » 2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.1

2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.1

[2019.10.15]

2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.1


2019北海道オーディオショウは今年も大盛況にて終了致しました。たいへん多くのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございます。熱気に包まれた会場の様子をご紹介いたします!!

アキュフェーズ


新製品の純A級ステレオパワーアンプ「A-48」を含んだパワーアンプの比較視聴などが行われました。お客様は目を瞑り音の違いをじっくりと比較していらっしゃいました。

アイレックス


イタリアのメーカー「AUDEL」のスピーカー「Malika mk2」や「Sonika mk2」などの試聴が行われました。こちらの製品には白樺が使用されており、デザイン性にも優れているという事で注目を集めました。アナログプレーヤーも偶然同じ白樺を使用しているそうです。

オルトフォン


100万円を超えるオルトフォンのカートリッジ「MC Anna Diamond」の試聴が行われました。

最上位カートリッジが生む澄んだサウンドに来場されたお客様も「さすが!」といったご様子でした。

TAD


大きなイベントでは初出展というTADのスピーカー「TAD-R1MKⅡ」が展示されておりました。そんなスピーカーを一目見ようとブースには多くのお客様が訪れました。

クリプトン


ネットワークオーディオやPCオーディオでハイレゾ音源の試聴が行われました。NEWスピーカー「KX-5PX」も展示されており、国内では初出展です。

ティアック


コンパクトで本格的なサウンドが楽しめる「505シリーズ」の紹介をメインで試聴を行なっていました。また、業務用CDプレーヤーも展示しており、お客様も興味津々なご様子でした。普段あまり見られない商品を見られるのも北海道オーディオショウの魅力ですね。

エレクトリ


国内初出展のマッキントッシュのステレオプリアンプ「C53」とMAGICOのスピーカー「M2」を使用したデモンストレーションが行われておりました。特にM2は、Mシリーズで1千万円を切る(定価7,000,000(税別))価格を実現した商品として注目を浴びていました。


「2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.2」はこちら。

「2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.3」はこちら。

「2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.4」はこちら。

「2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.5」はこちら。

札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

  • ナスアサコ
  • WiZMUSIC
  • WS-A70
  • カートリッジ
  • トライオード
  • YAMAHA
  • ESOTERIC
  • LUXMAN
  • CSPORT
  • Accuphase
  • 中古オーディオ・アクセサリー売ってください
  • オンラインショップ
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP