オーディオ・ホームシアターの大阪屋 ホーム » イベント情報 » 2018 北海道オーディオショウ 終了報告 No.1

2018 北海道オーディオショウ 終了報告 No.1

[2018.10.07]

2018 北海道オーディオショウ 終了報告 No.1

今回の北海道オーディオショウは、開催場所がこれまでのさっぽろ芸術文化の館(旧厚生年金会館)から、白石区のコンベンションセンターへと変更となりましたが、たいへん多くのお客様にご来場頂きました。誠にありがとうございます。

アキュフェーズ


アキュフェーズのブースでは、今年から新発売されたSACDプレーヤー「DP-750」とA級ステレオパワーアンプ「A-75」を含めたシステムで試聴が行われました。筐体内部の仕組みが解る〝見て楽しめる〟展示もありました。

アイレックス


アイレックスのブースでは、アルベドのスピーカー「ACCLARA」をReedのアナログプレーヤー「Muse3C」や、Audia Flightの再生システムを使用して試聴が行われました。「Muse3C」のカートリッジにはTEDESKAの「DST201ub」を使用しています。

アクシス


アクシスのブースでは、ルーメンホワイトのスピーカー「Kyara」をAyreのモノラルパワーアンプ「MX-R Twenty」や、MSBのDACやデジタルメディアトランスポートなどの再生システムを使用して試聴が行われました。

エソテリック


エソテリックのブースではスピーカーにタンノイの「Canterbury/GR」と、アバンギャルドの「UNO XD BLACK EDITION」を使用。エソテリックの再生システムを使い、レコード・CD・ハイレゾ音源と、新旧の音源で比較試聴が行われました。

エレクトリ


エレクトリのブースでは、手頃な価格で注目を浴びたMagicoのスピーカー「A3」を、マッキントッシュの再生システムとPASSのパワーアンプを使って試聴が行われました。他にもSTSTのアナログプレーヤーや、PASSの再生システムも展示されていました。

オルトフォンジャパン


オルトフォンのブースでは、同社創業100周年を記念した特別限定モデルのMCカートリッジ「MC Century」が注目を集めました。再生にはAcoustic Solidのターンテーブル「Solid Edition」を使用しました。

完実電気


完実電気のブースでは、ELACのスピーカー「FS407」とPS Audioのフルシステムで視聴が行われました。音源はDELAのHDDトランスポート「N10」や、デジタルミュージックライブラリー「N100」などに保存されたハイレゾ音源などが使用されました。


下記サイトをクリックすると閲覧が可能です。

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.2

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.3

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.4

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.5

札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

  • WS-A70
  • カートリッジ
  • テレビの音グレードアップ対策!
  • ESOTERIC
  • LUXMAN
  • CSPORT
  • Accuphase
  • ウルトラゾーン
  • 中古オーディオ・アクセサリー売ってください
  • オンラインショップ
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP