ブログ

釦のこだわり

2010
11.21

 少し前に当ブログで話題に上げたソ連のろっ骨レコードを特集したNHKの番組ですが、偶然にもその番組が昨夜再放送されていました。10年近く前に見た記憶が蘇りましたが、思っていたのとは番組名が違っていました。自分の記憶の曖昧さに少しショックを受け割り切れない想いです。

 さてあすは釦の日です。金偏に口でボタンです。(社)日本ボタン協会によると太政官布告の際に、その文字が無く服の口に金属製品を入れて紐の代用にする意味から「紐釦」と書き、これをボタンと読ませることを採用したのが始りと言われているそうです。洋装品店に行くと壁一面に設けられた小さな引出しであらゆる釦が販売されています。手ごろな物から美しい高級品まであり洋服を製作する人の拘る気持ちがわかります。
 もう一つボタンというとテレビなどの電化製品のリモコンのボタンを思い浮かべます。当店2階のテレビ売場に展示してあるテレビのリモコンを見てみました。同じように見えるリモコンでも各社でボタンの配置の違いはもちろん他にも特徴があることがわかります。良く使うボタンを大きくする等は想像できますが、メーカーにより素材が違う為、手触り・押し易さが微妙に違ったりもします。本体の機能やデザインは当然ですが、こうした小さくても日常使う部分でも拘りを持って作られているのではないかと想像を巡らせてみました。

【お知らせ】
ソニー3Dダイナミックフェアも残り2日となりました。12月から約半分となるエコポイント制度ですが、現行のエコポイントはあと9日間です。量販店とは違う落ち着いてゆったりとした空間で商品選びが出来る当店に是非お立ち寄り下さい。

by STAFF | 2010-11-21 Sun 19:28 | -

リニューアルオープン一年の節目に…

2010
11.13


いつもCAVIN大阪屋をご愛顧いただき、また当サイトをご覧頂きましてありがとうございます。
当店リニューアルオープン致しまして明日でちょうど一年となります。改装中の写真を見ると懐かしくもあり、あっという間の一年という思いもしてきます。
2階テレビ売場の大規模改装でソニー製テレビのフルラインアップを柱とし他社製品を含め様々なタイプから落着いた空間でじっくりと比較試写していただける空間となりました。今夏からは3Dテレビが本格的登場し始めました。これまでは3D対応の映像ソフトが無かったこともあり普及とまでは言えなかったと思います。年末に向け少しずつではありますが3Dソフトも発売されてきています。4階では3D対応プロジェクターも登場し映像の楽しさが格段に広がってきています。
 また1階ではパソコンや携帯音楽プレーヤーに保存されたデジタル音源(音楽データ)を従来にない高音質で再生するためのPCオーディオコーナーを設けて、時代を先取りした新しい音楽スタイルを提案してきました。実際の接続例や比較試聴も充実しています。立ち止まって興味深く試聴されるお客様も多くいらっしゃいます。今後も各階とも商品の充実やサービスはもちろん最高の映像と音をご提供できるよう努めてまいりますのでよろしくお願い致します。

 さて昨日からソニー《ブラビア》3Dダイナミックフェアが始っています。エコポイントの現行制度での付与は今月末までですのであと半月ほどです。12月からは約半分となってしまいますし、来年一月以降はさらに対象機種の基準が絞られます。エコポイント制度を最大限ご利用できるフェアを是非ご活用下さい。皆様のご来店をお待ちしております。

by STAFF | 2010-11-13 Sat 20:22 | -

明日から3Dダイナミックフェア甞催!

2010
11.11

 今日11月11日は何の日でしょう。例のお菓子の日でもありますが、十一月十一日+-+-瓩ら電池の日(電池工業会)となっています。乾電池というと懐かしいナショナルの黒いマンガン電池と赤いアルカリ電池が先ず頭に浮かんできます。それに合わせて寂れた沿道に少し錆び付いた電池の自動販売機があった風景が思い出され懐かしくなります。



 さて明日12日(金)から23日(火)までソニー《ブラビア》3Dダイナミックフェアを開催いたします。
年末に向けいよいよ3D機器も出揃ってきています。大画面の3Dテレビはもちろん3D対応のブルーレイレコーダーも各種ございます。そして今しがた担当者から聞きましたが、3DプロジェクターVPL-VW90ES疚斉12日に入荷予定との事です。スクリーンで再現される3Dの大迫力と臨場感溢れるサウンドは感動間違いなしです。
 家電エコポイントが12月から半分程度となってしまうことはマスコミ等で報じられています。地上デジタル放送完全移行まであと260日強です。是非この機会にお早目の買い替えをお勧めいたします。

by STAFF | 2010-11-11 Thu 19:55 | -

懐かしくそして新鮮なレコードの味わい

2010
11.02

 明日11月3日は日本レコード協会が制定した爛譽魁璽匹瞭瓩任后レコードを考える時に思い出すことがあります。それはソビエト時代に所謂爐蹐湛レコード瓩あったというです。西側の文化が厳しく規制されていた戦後から1950年代にアンダーグラウンドで、欧米のレコードの海賊盤が製造され流通していました。丸く切られて溝が彫られたディスクには、私たちも病院で見るレントゲン写真が使われ、人の骨が透け写っているものでした。盤というよりは質の悪いソノシートといった感じでしょうか。ごく僅かに現存するものも、その薄さや時間に拠る劣化で歪みや痛みが激しい状態であったと記憶しています。これはかなり前にNHKで放送されたドキュメンタリー番組で今も不思議な印象が強く残っています。
 ジャケットを含め一枚一枚の盤には個々人の思い出や思い入れがあると共に、その時代の歴史・情勢や流行なども重なり、貴重な文化的な価値もあるように思えてなりません。普段レコードと縁遠い方もご自宅やご実家の棚や押入れに忘れられたように保管してあるのではないでしょか。是非大切にしていただきたいと思います。偶に再生するとその時代の空気が蘇えりますし、CDに比べその音が生々しくもあります。
 1階のソフト売場にはレコード盤のコーナーもあります。残念ながら欧米では数多く発売されているのももの、輸入盤として国内で流通しているものは少ないのが現状であると1階のソフト担当者は話していました。それでも根強いファンに支えられ登場しています。CDとは一味も二味も違った音を味わってみるのも良いと思います。


 最後に3階のオーディオ売場のスタッフのお勧めの商品をご紹介します。こちらはレコード盤のお手入れをする為のものです。画像奥がアメリカのVPI社のバキューム式レコードクリーナーHW-16.5瓩任后専用液を付け汚れを吸い取る本格的な専用クリーナーです。そして手前が右からレイカのクリーナー液BW33瓩箸修譴忙箸ΕロスVISCO33瓩任后CDとは違いレコード盤は針が直接触れるものですので良い音を長く保つ為にお手入れも大切になります。この他にも数多くのクリーナー関係の商品も取り揃えております。

by STAFF | 2010-11-02 Tue 19:56 | -

▲ページTOP