ブログ

読書週間中です

2010
10.31

 ここ一週間くらいで急にに寒くなりました。10月も今日で終りですが、手紙の時候の挨拶で10月に用いられるとすれば犇喀瓩覆匹任靴腓Δ。季節ごとに細かく数多くそうした用語がありますがその中でも犇喀瓩箸いΩ斥佞心に響くなんと美しい表現であろうかと見るたびに思います。犇咫(きんしゅう)瓠福=糸偏に肅)という小説があったことも思い出されます。

 さて27日水曜日から読書週間が始っています。また今年は国民読書年でもあります。この国民読書年は活字離れが進む中、文字・活字によって伝えられてきた知的遺産を継承・発展させる為に制定されたそうです。数日前に読売新聞の調査で一ヶ月に1冊も本を読まなかった人が52%いるという結果が出ていました。朝晩の通勤電車の中でも本を読んでいる人よりも携帯電話を操作している人の方が多く見受けられます。誰もが生活するうえで何らかの文字を見ているので、文字・活字は切っても切り離せない存在です。漫画や絵本もいいですが、活字を読む楽しみが自然に感じられればと思います。ところで昨今狹纏匳饑勠瓩箸いΩ斥佞鯏戞梗し、iPadやシャープのガラパゴスといった携帯端末機が次々と発表されています。しかし、欧米に比べ日本では絶対的に電子書籍の数が少ないようです。中には自分で本をバラしてスキャナで読み取り電子化し利用する所謂犲炊瓩鬚靴討い詈もニュースで紹介さていました。
いづれにしてもこうしたソフトである電子書籍の充実が機器の普及に不可欠です。当店1階のパソコン担当者の話ですと、自炊の方の為の大量文章を自動で読み取るキヤノンのドキュメントスキャナimageFORMULA瓮轡蝓璽困發取扱い可能との事でした。
 読書と音楽を聴く、眼と耳という違いはありますが、自分の世界に没頭できる最高の時間だと思います。私も活字中毒と言われるくらいになりたいと思います。ただ電車で読書をしながら音楽を聞くのは乗り過ごしコース決定なので流石にそれはできませんが…。

by STAFF | 2010-10-31 Sun 19:08 | -

明るい事に感謝して…あかりの日

2010
10.21

 今日はあかりの日です。
今から131年前の1879年にエジソンが日本の竹をフィラメントに使った白熱電球を発明・完成させた日に因んで、日本電気協会や日本電球工業会などが制定しています。それまでは手元や自分の極近くを照らす為のランプや蝋燭しかなかったものが、電球の登場で空間全体を明るくできるようになりました。現代はいたるところが明るくそれだけに明るいのが当たり前のように感じられます。明るさは大切ですが、やはりその場の状況にあった照度や器具選びなど拘りを持ってより良く美しい空間作りをしたいものです。これは家庭照明や電球選びでも同じ事が言えるように思えます。
 年配の人が現代は闇が無くなったと言うのを偶に聞きます。またある作家の方が昔は闇が人の発想力・想像力を育てたということを著書の中で述べています。考えて見ますと都市部に生きる私たちにとって真っ暗闇はあまり無い状況ですし、明るい事が当たり前であります。自然な暗闇が無くなったことの惜しさと共に様々な照明による明かりがあることに感謝したいと思います。


【お知らせ】
 明後日23日と24日の2日間ハイエンドオーディオニューモデル試聴会を開催いたします。この秋・冬のニューモデルをはじめ話題の製品を展示し試聴もいていただけます。詳しくはイベント情報のページをご覧下さい。皆様のお越しをお待ちしております。
http://www.osakaya.com/event/topics_25.html

by STAFF | 2010-10-21 Thu 19:51 | -

ソニー《ブラビア》3D体感フェア開催中!

2010
10.15

今日10月15日(金)から17日(日)までの3日間3D体感フェアを開催中です。2階ビジュアルフロアではソニー60V型3DテレビKDL-60LX900瓩篋膿靴AVアンプTA-DA5600ES瓩了酊阿鬚靴討い燭世韻泙后4階では21日発売の新プロジェクターVPL-HW20瓩魄貘早く視聴可能となっております。
また広告の画像にありますように、HDD+ブルーレイ内蔵の3Dテレビや3D対応のブルーレイレコーダーの最新モデル、3D対応のプロジェクターなど10月から12月にかけて注目の新製品の試聴・体験を数多く予定しております。



試聴・体感フェアスケジュール
□10/15〜10/17 60V型3DテレビKDL-60LX900畭隆競侫Д◆2階】
■10/15〜     新AVアンプTA-DA5600ES畭隆胸酊亜2階】
■10/15〜     新プロジェクターVPL-HW20畭隆胸訥亜4階】
■10/21〜     3D対応最新ブルーレイレコーダー【1階・2階】
■11/15〜     3D対応新プロジェクターVPL-VW90ES畭隆胸訥亜4階】
■11/18〜     HDD&ブルーレイ内蔵3DテレビKDL-55HX80R畭隆胸訥亜2階】

この他に大好評の最新モデルのスピーカー KEFQ700瓩療玄┿酊阿發靴討い燭世韻泙后これから年末に向けソニー製品をはじめ、新製品が続々登場します。当店でも最新の映像・音を体験していただけますので、是非ご来店下さい。

by STAFF | 2010-10-15 Fri 19:32 | -

ドイツのオーディオメーカー

2010
10.03

今日10月3日は東西ドイツが統一して20周年にあたります。

市民がベルリンの壁に上りそれを叩き壊す映像は、誰もが印象に残っている場面ではないでしょうか。
その11ヵ月後1990年10月3日に正式に統一されることとなりました。
統一により経済が疲弊し厳しい状況がしばらく続いたこともまた知られています。

ドイツを考える時、自動車や刃物などが真っ先に思い浮かぶ方も多いと思います。筆者の私は、そういった所謂
狆翩廰瓩箸い辰浸唆箸離ぅ瓠璽犬發△蠅泙垢、ものづくりに対する拘りや職人技の高さも感じます。
例えばハンブルクでも生産されいるスタインウェイ(米)やベヒシュタインのピアノがその一つです。
音楽やオーディオを見てみますと東欧圏一帯もですが、音楽文化やそれに付随する産業が盛んであるように思います。
さらには宗教を含めた長い歴史が基となりクラシカルミュージックが発達してきているのではないでしょうか。

オーディオ機器の分野でもドイツは多くのメーカーが有ります。
スピーカーではELAC(エラック)やAvantgarde(アヴァンギャルド)、アンプではOCTAVE(オクターヴ)や
Burmeser(ブルメスター)があります。この他にもLINDEMANN(リンデマン)のCDプレーヤーやDAC、
アナログプレーヤーで有名なTHORENS(トーレンス)など数多くあります。

もちろんアメリカなどの他の欧米諸国でも同様に盛んな所もありますが、音楽文化の長く深いところだからこそ
こうした多くのオーディオメーカーが生まれ発達してきたと思います。今お使いの外国製のオーディオ機器を通してその国の音楽文化やオーディオの歴史を辿ってみたり、その国のメーカーの特徴などを比べてみるのもとても面白いと思います。

なお上記のオーディオ機器のメーカーは当店でもお取扱いがございますので、お問合せください。

by STAFF | 2010-10-03 Sun 19:10 | -

▲ページTOP