ブログ

秋への変化を探して…

2010
09.24

 ここ数日で特に朝晩は急に涼しくというより肌寒くなってしまいました。
昨日の秋分の日を中日として前後3日間は秋の彼岸であります。私も一昨日の定休日に墓参りに行ってきました。
平日ということも有り、人は殆ど居ませんでした。多くの人は23日の祝日に行ったのでしょうか。
暖かい日差しとそれを幾分和らげる心地よい風が吹く良い天気に恵まれました。
車を降りるなり轟き音が聞こえてきました。晴れ渡る空に雷かと思いましたが、近くにいた方の話では自衛隊の
演習の音との事でした。
同じ札幌に住んでいても地域が違えば知らない事も多々あることを思い知らされました。

 さて街に四季の移ろいがある様に、オーディオでも新しい商品が秋にかけて登場してきます。
7月の高級オーディオ試聴会でも話題となった爛テマ瓩療玄┐六呂泙辰討い泙垢掘
KEFの新シリーズやNUFORCEのDACなどなど目白押しです。
また1階では先程から一部商品の入換えや並び替えも行われています。
秋の変化を感じつつオーディオの世界の変化も探しにいらしてください。

by STAFF | 2010-09-24 Fri 19:53 | -

SLの迫力に勝るお爺さん〜懐かしきSLをCDで…

2010
09.12

 昔の映画を見たり、古い街並みに足を運んだりすると懐かしい思いを抱きます。
さらにその時代に暮らしたことが無いにも拘らずそう感じるてしまうことさえあります。

 もう20年以上前のことですがSL(C62)が小樽〜倶知安間を定期観光列車として運行していたことがあり、
それに乗ったことがありました。私の近くに座った老齢の男性がSLについて話をしていました。
余程懐かしくそして嬉しかったのでしょうか、終始話をしながら車内を行ったり来たりしていて人一倍興奮
している様相でした。結局SLそのものよりもその乗客のお爺さんの方が強く印象に残っています。
今ではSLは観光列車として全国でも実際に走っているのは僅かしかありません。SLの整備できる技術者が
限られていたり、部品が無いなど厳しい状況にあるようです。


 さて今回はそんな蒸気機関車の少し珍しいCDをご紹介します。
ビクター(ビクタークリエイティブメディア)から狎こΔ両気機関車瓩2枚組みのCDが発売されています。
1枚目は国鉄山口線や大井川鉄道をはじめ、欧米のSLの発車や通過時の逞しい響きが迫ってきます。
2枚目ではインド・ダージリン鉄道でのSLの客車内やスイッチバック通過時などの場面を記録したディスクです。
どちらも蒸気機関車の録音でも名高いオーディオ評論家の石田善之氏による収録の音源で製作されています。
ディスクは通常環境で24bit相当の再生が可能なxrcd24となっています。
 当CDを販売している1階ソフト売場で視聴してきました。SLの音だけに注目して聞くことが無いので想像以上に
迫力がありました。細かい所まで鮮明に録音されていて月並な表現ですが臨場感が素晴らしいと思います。
是非ともヘッドフォンではなく部屋にあるスピーカーで再生しその音の響・振動を体で感じて頂きたいと思いました。
SLファンの方には堪らないでしょうし、そうでない方も昔懐かしいSLの音に思いを馳せてみては如何でしょうか。

by STAFF | 2010-09-12 Sun 18:51 | -

犢瓮屐璽狄А

2010
09.06

 今日9月6日はその語呂合わせから犢(クロ)瓩飽んだ記念日が方方で制定されています。
京都の染物の組合による黒染めや鹿児島の黒豚、黒豆など色々あります。
 アパレル関係では春夏や秋冬で刻々とその流行色が変動していますが、それ以外の分野では
ここ数年は犢瓩流行のように感じます。元々白・黒といった色は流行り廃りの無いものですが、
黒を前面に出すことでイメージとして高級感や重厚さが増すのではないでしょうか。
特に食品における黒ブームは顕著に思えます。お酒・お茶をはじめ、菓子も黒を強調した
商品が多数販売されています。

 さてパイオニアがプラズマテレビの製造・販売から撤退して約1年半が経ちました。
ご存知の方も多いと思いますがKURO(クロ)瓩箸いΕ廛薀坤泪謄譽咾論賁膕箸ら
一般ユーザーまで非常に高い評価を受けたテレビでした。何度となくその画面を見る機会が
ありましたが、黒色がしっかりとして尚且つ繊細に映し出す画面は美しいの一言に尽きました。
未だにその問合わせのお電話を頂くことを考えると、その良さに納得できます。

昨今の爛ロ瓮屐璽爐呂泙世靴个蕕続くのでしょうか。そして次は何がクロくなるのかが楽しみです。

by STAFF | 2010-09-06 Mon 20:00 | -

▲ページTOP